<br />
<b>Notice</b>:  Undefined variable: img_alt in <b>/home/users/0/dankan2015/web/ips2017.org/wp-content/themes/keni80_wp_standard_all_20190730/template-parts/content-post.php</b> on line <b>36</b><br />

比較的ハードルが低そうな脇脱毛をしてみたいけど不安もある、という気持ちの人も多いと思います。そんな脱毛初心者のために、脇脱毛のデメリットを紹介します。

脇脱毛をすることで起こりうるリスクやトラブル、その対処法まで詳しく解説していきます。

リスクやトラブルを回避できればメリットの多い脇脱毛なので、おすすめのサロン・クリニックを参考に脇脱毛に挑戦してみてください。

脇脱毛で起こるデメリット

脱毛完了までに時間とお金がかかる

脱毛を考える人がまず真っ先に考えるのが「時間とお金がかかる」というデメリットです。サロンは百円~数千円程度で脱毛できるところが多く、お金はほとんどかかりませんが時間がかかります。サロンの光脱毛は脱毛完了までには12回程度、期間で言うと2~3年かかります。

クリニックの医療脱毛は脱毛効果が高いため、通う回数は5~6回程度で、期間で言うと1年~1年半とサロンの半分程度で脱毛が完了します。その代わり脱毛料金が高めで、数千円~数万円程度かかります。

また、毎回毎回サロンやクリニックの店舗に通わなければいけないという不便さもあります。近くに店舗がある人はいいですが、地方に住んでいる人などは、毎回通うという手間もデメリットになります。

脱毛には痛みがある

脱毛のデメリットとなると、外せないのが「施術の痛み」です。脱毛の施術の中で最も痛いとされていて、「脱毛は痛い」というイメージの原因となったニードル脱毛はあまりおすすめできません

光脱毛とレーザー脱毛ではレーザー脱毛の方が痛みが強いですが、クリニックで施術するレーザー脱毛は麻酔を使うことができます。脇脱毛で麻酔を使用する人はほとんどいませんが、痛みに弱い人には嬉しい特典です。しかし、追加料金がかかる場合が多いので、そこは注意しておきましょう。

サロンの光脱毛ならほとんど痛みを感じることなく脱毛できます。レーザー脱毛よりも弱い光を複数回に分けて当てているため、施術の痛みが少なく肌への負担も少ないです。

脇脱毛をすると脇汗に敏感になる

脇脱毛をした人のコメントなどを見ると、脇の脱毛をしてから脇汗が増えたというコメントが多く寄せられています。しかし、脱毛によって脇汗が増えるというようなことはありません

脇毛は汗を吸収する役目もおっているため、脇毛が無くなることで汗がダイレクトに肌を流れることになります。そのため、今までは毛が吸収していて気にならなかった汗も、それと同じ量の汗で肌を流れるようになって、「汗の量が増えた」という印象に繋がります。

脇汗が目立ってしまうと、せっかく脱毛をしたのにまた脇を気にしなければいけないというデメリットになります。

毛嚢炎などの肌トラブルのリスクがある

脇脱毛に限ったことではありませんが、光脱毛やレーザー脱毛などの施術には毛嚢炎などのリスクがあります。毛嚢炎は、脱毛して毛がなくなった毛穴に菌が入り込んで炎症してしまうことをいい、ニキビのような症状が出ます。

また、脱毛はやけどをしてしまう可能性もあります。特にクリニックのレーザー脱毛は照射の出力が高く、少しの温度調整のミスでもやけどをしてしまう可能性があります。光脱毛は照射の出力が低めに設定されているので、やけどのリスクは少ないです。

色素沈着を起こしやすい

脇を脱毛して、毛のクッションがなく直接衣服に擦れることで脇が黒ずんでしまうという例があります。そもそも黒ずみなどの色素沈着とは、皮膚の表皮にあるメラノサイトがメラニンを作って肌をダメージから守ることで起こります。

もともと自己処理による肌への負担が原因で黒ずんでいた人も少なくありませんが、その黒ずみが脇を脱毛したら目立つようになってしまったという場合もあります。脇を毛がないツルツルの肌にしても、黒ずんでいたら綺麗な肌が台無しになってしまうため、デメリットになります。

乾燥肌になる

滅多にみられることがない症状ですが、脇の脱毛をすることで乾燥肌になる場合もあるようです。肌を守る機能を持っている皮脂は、毛穴にある皮脂腺から分泌されていて、本来であれば肌の全体にいきわたって肌を覆っています。

しかし、脱毛をすることによって皮脂が肌に広がりにくくなると、乾燥肌になってしまいます。逆に、乾燥肌になったことによって、肌が本来の状態に戻そうとして余計に皮脂を出して、べたついてしまうこともあります。

脇脱毛のデメリットを解消するための対処法は?

とにかく1番大切なのは保湿

脱毛の施術期間中や脱毛後のケアで1番大切なのは保湿です。しっかりと肌を保湿することで、「脱毛の痛み」、「毛嚢炎ややけどのリスク」、「肌の黒ずみ」、「乾燥肌」が全て解決します。

光脱毛やレーザー脱毛は、脱毛の施術で乾燥しやすい肌を保湿して正常な水分量に戻しておくと肌に熱が溜まりにくくなって、熱による痛みややけどのリスクが軽減されます。また、毛嚢炎も肌が乾燥していると起こりやすいので、肌を清潔にして保湿しておくとなりにくいです。

肌の黒ずみも、肌が乾燥してターンオーバーが乱れているといつまでも解消されません。そもそも黒ずみというのは、しばらくすれば治ってくるものです。それがいつまでも治らないのは肌のターンオーバーが乱れているから。保湿してターンオーバーを正常に戻すことで、黒ずみも解消されます。

汗の対策はデオドラントグッズでできる

脱毛をしても汗の量自体には変化がないので、市販のデオドラントグッズで十分に対処できます。制汗剤で汗を抑えたり、脇汗パッドで服に染みるのを防ぐと汗も気になりません。

汗を気にしすぎると、「精神性発汗」という緊張した時などに出やすい精神的な汗が出るようになります。緊張したときの汗を思い出すと分かるかもしれませんが、そういった汗はじっとりとしていてニオイも出やすいです。

汗を気にしすぎないためには、汗をこまめに拭くように心がけたり、デオドラントグッズを使用したりして対策をしましょう。また、お風呂に長く浸かるなどして汗腺を鍛えておくと、ベタベタした汗が出にくくなって気になりにくくなります。

お金や時間は自己処理の方が多くかかる

脱毛に通うことでお金や時間がかかってしまうからと躊躇するかもしれませんが、実は総合的な時間とお金は自己処理の方が多くかかります。脱毛はサロンやクリニックに通ってしまえば1~3年ほどで脱毛が完了して、その後自己処理の必要性もなくなります。しかし、自己処理は今後一生続けていかなければいけません

処理をする時間だけでなく、今後の自己処理に必要な毛抜きやカミソリ、脱毛クリームやワックスなども買い続けていればお金もかかります。その時間とお金が今まとめてかかっていると思えば、今後の楽さを考えて脱毛の方がお得です。

また、脱毛すると自己処理によって肌にダメージがかかることはなくなっていくので、肌トラブルの可能性も減っていきます。

脇脱毛におすすめのサロン・クリニック

サロンの光脱毛

サロンの光脱毛は、値段が安くて痛みが少ないのが大きなメリットです。特に脇脱毛は初心者に人気があることから、格安のキャンペーンプランを用意しているサロンも多いです。

肌への負担が少なく、肌トラブルが起きにくい脱毛方法で、大手サロンであれば全国に何十店舗も展開しているので、どのエリアに住んでいても通いやすいメリットもあります。

しかし、1回の施術の出力が弱いので、レーザー脱毛などと比べると通う回数が多くなります。

また、わきがの人の場合は、光脱毛をするとわきがが悪化するケースがあるので注意が必要です。光脱毛の出力だと、わきがの原因になっているアポクリン腺を活性化させてしまう可能性があります。

ミュゼプラチナム

ミュゼ

脇とVラインの2部位が100円で通い放題というお得なプランがあります。回数無制限で無期限なので、契約期間や残りの回数を気にすることなく通えます。光脱毛に通常使われているIPL脱毛よりも痛みが少ないS.S.C.脱毛を採用していて、脱毛の痛みや肌への負担が少ないです。脱毛のアフターケアにはプラセンタエキス配合のミルクローションを使用しています。

クリニックのレーザー脱毛

光脱毛より効果が高く、永久脱毛と同等の効果が得られます。ツルツルになるまで通えば、毛が再生することはほとんどありません。光脱毛に比べると施術回数も少なくて済み、期間もサロンの半分程度で済むので、忙しい人でも最後まで通いやすいです。

光脱毛に比べると痛みが強く、肌へのダメージも大きいのがデメリットですが、痛みが我慢できない場合は麻酔が使用できるクリニックもあります。

また、レーザーの出力の温度が高いため光脱毛よりもやけどのリスクが高いですが、クリニックは医療機関なので、その場で医師に診察してもらえます。

光脱毛に比べると値段が高めなのもデメリットです。高いクリニックは数万円はかかるので気を付けましょう。

渋谷美容外科

渋谷美容外科

クリニックの中では脇脱毛が安く、5回で8,000円で脱毛できます。医療脱毛は効果が高いので、5回通えばほとんどの人が脱毛完了します。1回からの単発脱毛も可能なので、もし足りなくても1回ずつ追加することもできます。夜遅くまで施術を受けられるため、仕事帰りに脱毛することもできます。

まとめ

脇脱毛にはいくつかのデメリットがあります。

・脱毛完了までに時間とお金がかかる
・脱毛の施術には痛みがある
脇汗に敏感になる
毛嚢炎などの肌トラブルのリスクがある
色素沈着を起こしやすい
乾燥肌になる

しかし、これらのデメリットは対処することができます。そのためには、脱毛施術期間中の保湿が1番大切です。ほとんどのデメリットは保湿によって軽減、解消することができます。

脇汗も市販のデオドラントグッズで対処できますし、脱毛にかかる時間や料金は自己処理の方が多くかかります

そういったことから考えると、今後一生自己処理を続けていくよりも脱毛したほうがメリットが多いです。最近では脇脱毛はとても安い料金で施術できるので、脇脱毛で悩んでいる人はぜひ検討してみてください。