<br />
<b>Notice</b>:  Undefined variable: img_alt in <b>/home/users/0/dankan2015/web/ips2017.org/wp-content/themes/keni80_wp_standard_all_20190730/template-parts/content-post.php</b> on line <b>36</b><br />

脇毛の処理をしているけれど、この処理方法で合ってるのか、シェーバーを使うべきなのか、カミソリなのか、脱毛クリームなのか気になりますよね。もし間違った方法の場合、肌トラブルを起こす可能性が高いです。

そこで、脇毛の処理を間違えるとどんなトラブルが起きるのか、脇毛の処理にオススメの方法は何か説明していきます。

脱毛サロン・クリニックで行う効果なども解説しますので、脇毛の処理で悩んでいる人は参考にしてください。

みんなどうしてる?女子の脇毛処理問題、徹底調査!

脇毛でどのような失敗をしている?体験談1「剃り忘れ」

脇毛の失敗で多いのが「剃り忘れ」です。夏場は肌を露出する機会が多いので、脇毛のお手入れをしっかりとするでしょう。しかし、冬場になると剃り忘れてしまいます。

脇毛で失敗した体験談として「職場や学校で制服に着替える時、剃り忘れていたので恥ずかしい思いをした」というのが多いです。「ノースリーブを着ていて、手を挙げる時に目立った」「電車のつり革を持つ時に、周りの視線が気になる」などの意見もあります。

脇毛でどのような失敗をしている?体験談2「出血や炎症」

脇毛を自己処理している時に、処理を失敗してしまうことがあります。特に急いで剃った時に、出血してしまうことがあるでしょう。

体験談として「出血したので、1日中痛かった」「炎症が起きてしまい、制汗剤が使えなかった」「出血が洋服についてしまい、驚かれた」などがあります。

多くの人はどのように脇毛処理をしているのか

多くの人は、脇毛処理を自己処理で行っています。主な自己処理方法は、カミソリやシェーバーで剃る方法です。

毛抜きで一本一本抜いている場合もあります。脱毛クリームや脱毛テープなどを使うこともありますが、脇毛は太くて濃いので処理しにくいです。

よって、カミソリなどで剃る方法を選択している人が多いでしょう。

脇毛処理でのトラブル「肌荒れ」

脇毛処理では「肌荒れ」のトラブルを引き起こすことがあります。肌荒れが起きる原因は、誤った自己処理を続けていることです。カミソリをする時は、クリームや泡のシェービング剤を使って、毛の向きに合わせて剃るようにします。

しかし、何も使わない「から剃り」や毛の向きに逆らう「逆剃り」をしてしまうと、肌が削れてしまうこともあるでしょう。出血や炎症の原因となり、肌荒れしてしまいます。

肌荒れで炎症が起きると、臭いを発生しやすいことが特徴です。炎症特有の臭いが出ることもあります。また、制汗剤などが使えないため、汗の抑制や臭いを消すことが難しいでしょう。

脇毛処理でのトラブル「黒ずみ」

脇毛処理のトラブルとして「黒ずみ」もあります。黒ずみとは、頻繁にカミソリやシェーバーを使うことで、肌が摩擦され黒ずんでしまうことです。黒ずみは肌のターンオーバーの際に改善することもありますが、頻繁にカミソリをしていれば悪化する可能性もあります。

元気な脇毛をどうにかしたい!おすすめの処理方法って?

脇毛処理におすすめの自己処理方法とは?

脇毛処理におすすめの自己処理方法とは「カミソリ」「家庭用脱毛器」「脱毛クリーム」です。カミソリはどこでも手軽にでき、持ち歩いて外出先でも剃ることができます。しかし、毛根から抜いているわけではないので、頻回の処理が必要です。それに伴い、肌負担も大きくなります。

家庭用脱毛器は、初期費用は掛かってしまいますが、毛をしっかりと脱毛してくれる方法です。よって、毛の処理する頻度が少なく、肌への負担も少ないでしょう。脱毛クリームは、広範囲を一度に処理できる方法です。毛穴を拡張して毛も柔らかくするので、毛根ごと抜けます。毛の成長を抑制する成分が入っているものを使用すれば、毛が生えるペースも遅くなるでしょう。

脇毛の自己処理で避けるべき方法はあるの?

脇毛の自己処理では、毛抜きで一本一本抜いていく方法は避けた方がいいでしょう。何故なら、毛抜きで抜くと毛穴へのダメージが大きいからです。ダメージが大きいと、肌を守ろうとしてメラニン色素が活発になり、黒ずみを起こしてしまいます。

また、毛抜きをしている時に、毛が途中で切れてしまうのが埋没毛の原因です。埋没毛はそのままにしていると、炎症や毛嚢炎になる可能性もあります。毛抜きで抜く方法は、時間も掛かるためストレスを感じやすいです。痛みがあるだけでなく、出血や炎症を引き起こす可能性が高いので避けた方がいいでしょう。

処理跡が目立ってしまう!目立たなくさせるためにはどうする?

脇毛の処理跡が目立ってしまう場合は、剃る方法を工夫しましょう。もし、カミソリで剃っている時は、肌を引っ張ってから剃ることで綺麗に剃れます。

よって、処理跡が目立ちにくいのです。処理跡を少しでもなくしたい場合は、家庭用脱毛器などを活用して、毛根ごと抜く方法がいいでしょう。

肌への負担も少なく、毛穴が拡張するのを防いでくれます。

適切なアフターケアで、処理した後も長持ちさせよう!

自己処理をした後には、適切なアフターケアが大切です。しっかりアフターケアをすることで、処理した後の肌を長持ちさせることができます。そのためには、自己処理後に保湿ローションを塗り、刺激を受けた肌の鎮静をしましょう。毛穴が開いている時は、冷たいローションで鎮静すれば毛穴を引き締めてくれます。

もし、痒みや炎症がある時には、薬用ローションなどを使うのも効果的です。

脇毛の自己処理に限界を感じている人におすすめの処理方法は?

自己処理には限界がある?どんな時に不安を感じる?

自己処理をすることに限界を感じることもあります。例えば、カミソリで剃っている場合、朝に剃っても夕方には新しく生えだしているなどです。夕方にチクチクしていると、ストレスを感じてしまいます。毎日脇毛の処理をしなくてはならず、処理をしても生えだすことに限界を感じるでしょう。

また、ノースリーブを着る人や部活などで脇を出す機会がある時は、脇毛に対しての不安を持ち続けてしまいます。

脱毛サロンやクリニックの脱毛とは?どのような脇脱毛効果がある?

脇脱毛を脱毛サロンやクリニックで行うと、毛が薄くなって生えなくなります。最初の頃は濃い毛であるため、施術に痛みを感じることもあるでしょう。毛の周期などに合わせてレーザー照射などをしていると、毛が抜け落ちていきます。毛を作る毛母細胞を壊すので、毛がだんだん生えにくくなり、生えても細くて薄い毛になるのです。

通う回数や期間は個人差もありますが、適度な回数の施術を受けると脱毛が完了し、ほとんど生えなくなります。基本的には、永久脱毛ができると言っていいでしょう。

手頃な価格で始められる!「ミュゼプラチナム」や「脱毛ラボ」を紹介!

脱毛サロンの中でも手頃な価格で始められるのが「ミュゼプラチナム」や「脱毛ラボ」です。

値段が安い場合でも、しっかりとしたカウンセリングや施術・アフターフォローがあり、サービスが充実しています。

「ミュゼプラチナム」は、金額が安く様々なプランを設定していることが特徴です。

「脱毛ラボ」は皮膚の色素を計測してメラニン量を把握してから脱毛するサービスがあります。産毛や日焼け肌にも対応した脱毛機器を使っていることも特徴です。脱毛後に保湿鎮静する時も、イオンモイスチャーシャワーを採用し、施術後の肌に潤いを与えてくれます。

まとめ

脇毛処理を自分で行う時は、適切な処理方法を知っておくことが大切です。誤った方法を続けていると、黒ずみや炎症の原因になってしまいます。

カミソリの場合は、から剃りや逆剃りを控えて、処理後に保湿するようにしましょう。

脱毛サロンやクリニックで施術を受けるのも、一つの手段です。

施術内容やアフターフォローが充実しているので、安全かつ安心して処理できるでしょう。

これを参考に、正しい脇毛処理をしてみてください。