<br />
<b>Notice</b>:  Undefined variable: img_alt in <b>/home/users/0/dankan2015/web/ips2017.org/wp-content/themes/keni80_wp_standard_all_20190730/template-parts/content-post.php</b> on line <b>36</b><br />

狭いおでこを広くしたいけれど、広くするには剃るべきなのか脱毛すべきなのか悩みますよね。

ここでは、おでこを広くするために生え際を剃るメリット・デメリットについて紹介しています。また、おでこを広くしたい人には顔脱毛がおすすめの理由についても解説しています。

おでこの理想の形を知りたい人のために、理想の広さや例も紹介しているので参考にしてください。

【おでこが狭い人あるある】広くしたいと思うのはどんなとき?

コンプレックスでおでこを出せないのが悩み

おでこがせまい人は、コンプレックスに感じて隠してしまう人が多いです。前髪をアップした髪型は避けてしまいます。

なので、朝起きて髪の毛が爆発していたとしても、パパっと一つにまとめることができず、綺麗にセットしなくてはなりません。また、似合う髪型も限られてしまうので、ワンパターンのヘアスタイルに陥りがちです。

顔全体の3分の1の広さが理想!

おでこは昔から、美人の条件ともされているほど重要なパーツです。顔全体の3分の1がおでこの広さであると、美人の黄金比率を満たしていると言われています。形はツルンとしていて、まんまるのおでこが一般的に好まれています。

芸能人で言うと、北川景子さんや新垣結衣さんのような、美しい顔立ちの方です。美人な人は、おでこの広さが綺麗なバランスで整っています。

おでこが広い人は明るくてさわやかな美人のイメージ!広いおでこになって大人っぽいヘアスタイルにしたい!

おでこが広い人は、明るいイメージを持たれやすいです。美人なモデルや芸能人は、綺麗でほどよく広いおでこの人がとても多いです。明るい陽射しに反射された広いおでこは、さわやかで清潔な印象を与えてくれます。

また、人相学でもおでこを上げたヘアスタイルは、人気運を上げると言われています。そして広いおでこの人には、社会的に成功をおさめている人もとても多いのです。

おでこが広ければ、髪型のバリエーションも拡がります。センター分けなどの、大人っぽいヘアスタイルも怖くありません。忙しい日などに、サッと髪を1つにまとめて前髪をアップしても平気です。

狭いおでこをなんとか広く!生え際を剃るのはアリ?なし?

前髪のアレンジやおでこの産毛を処理して、おでこを広く見せたい!

おでこがせまい人の多くは、前髪を下すパターンが多いです。真っ直ぐ下におろすか、斜めにおろしておでこに広がりがあるように作ります。髪を切る際に美容師さんに相談すれば、高い位置から前髪を作ってもらえたり、斜めにおろす分け方や流し方で、おでこを広く見せたりすることができます。

また、産毛の自己処理をする人もいます。処理方法はさまざまありますが、脱毛ワックスやシートは痛みを伴いやすいですし、除毛材やT字カミソリは肌荒れを起こす危険性があります。人気なのは、安全で痛みが少ない電気シェーバーでの処理方法です。

電気シェーバーで産毛処理をする

電気シェーバーは、刃にガードがついている顔用のシェーバーを選ぶといいです。値段も2,000~3,000円と手ごろで、比較的安全に自己処理が可能です。これを、除毛したい部位に充てるだけで、産毛処理ができます。肌に優しく除毛をすることができます。

処理前は顔や産毛付近を温めると効果的

処理前は、洗顔やいつも行っているスキンケアをします。あらかじめ、産毛部分を蒸しタオルなどで温めて、皮膚を柔らかくしておくと効果的です。除毛の際にシェーバーが引っかかりにくくなります。

生え際1センチと眉上1センチを残して除毛する

シェービングフォームなどを塗って、生え際1センチと眉上1センチを残して、それ以外の部分を除毛します。毛の流れに沿って行いましょう。処理後はクリームなどで保湿をしっかりとすることが大切です。

いつでも手軽に安価でできることがメリット

電気シェーバーの処理は、手軽で簡単に自宅で行えます。値段も安価な料金で済むところがメリットです。間違って失敗したとしても、また産毛が生えるので、慣れれば満足いく仕上がりにする事も可能です。

何より、おでこの広さを気にせずに過ごせますし、剃ることで肌のトーンが明るくなったりします。

自分で処理するのはめんどうで肌ダメージもある

デメリットとしては、自己処理なので手間がかかってしまうことです。肌へのダメージもあります。

失敗して、綺麗な生え際にならなかった場合は、おでこを出せませんので、あまり意味がなくなってしまいます。

肌へ負担のないように自己処理をするべき

肌への負担が強いので、毎日は行わないほうがいいです。また、生理中は肌の調子が不安定なので、避けた方がいいでしょう。

おでこを広くするケアは脱毛もおすすめ

おでこを広くするためのケアは、自己処理で産毛を除毛することになりますが、自己処理が負担に感じる人は、脱毛をすることもおすすめです。

今注目の顔脱毛!おでこを広くしたい人にもおすすめってホント?

自己処理だと肌トラブルを引き起こす可能性があり、自然に見せるのが難しい

自己処理だと頻繁に処理する必要があり、正直めんどうです。また、産毛を自然に見せる事は難しく、生え際ギリギリまでは除毛できません。

処理をして、肌をツルツルに綺麗に見せることはできますが、実際に広くすることは難しいのが現実です。肌トラブルの原因にもなりかねません。

肌が荒れたり異常があった際は、自己処理は続けない方がいいと言えます。

顔脱毛でおでこが広くなる!生え際も自然で綺麗に仕上がる

話題の顔脱毛ですが、体験した人の口コミも多数あります。おでこがあがった、自然な生え際になった、化粧ノリがよくなるといったコメントも見られました。

これで、悩みやコンプレックスを完全に解消できるかもしれません!

事前に相談や確認をすれば理想のおでこの広さ・形を手に入れられる

顔の3分の1が、おでこであると黄金比率と言われていますから、事前に自分で測っておくのもいいでしょう。

また、広さによっては、髪も脱毛できますので、広い範囲になりすぎないように注意が必要です。施術前に、サロンのスタッフにしっかり相談しておけば大丈夫です。

おでこの生え際の仕上がりは、施術前の相談・確認が大事

髪の生え際とおでこのラインが、くっきりしすぎないかは心配な点です。結論から言うと、不自然になったと感じている体験者の方がいるのは事実です。

しかし、きちんとスタッフに相談してから施術をした人は、ほぼ満足しているようです。どれくらい産毛を残したいか、理想の生え際や形などを、施術の前にしっかり伝えましょう。

早く効果を出したい人はクリニックがおすすめ

クリニックでは、医療レーザー脱毛を用いています。高い脱毛効果が期待される施術ですが、脱毛サロンに比べると、少し割高である場合が多いです。

多少痛みがあっても、早く効果を出したい人には、こちらがおすすめです。

痛みがなく綺麗に脱毛したい人は脱毛サロンへ

光脱毛が主流で、痛みがほとんどないことが特徴です。また、副作用の可能性も低いと言われています。

脱毛サロンはクリニックに比べると、少しリーズナブルに脱毛ができます。一定の期間通えば、脱毛効果はしっかり感じられます。リーズナブルに綺麗に脱毛したい人は、こちらがおすすめです。

医療レーザーだと仕上がりが上手くいかない可能性がある

医療レーザーの一部見られる口コミで、カツラのような仕上がりにされた・火傷のような症状が出てしまったといったコメントもあります。

また、痛みも強い事があり、炎症などの副作用が出る可能性もあります。心配な際は施術前に相談して、麻酔クリームや炎症止めクリームを処方してもらうのも可能です。

ただその場合は、料金が上乗せされてしまいます。

痛みが少ないハイパースキン脱毛で、美肌を手に入れられる!

脱毛サロンのディオーネでは、痛みをほとんど感じないハイパースキン脱毛という手法を取り入れています。

また、肌へのダメージも少ないので、敏感肌の人は安心して脱毛ができます。3歳の子供でも施術することができほど、肌に優しい脱毛法なのです。

ハイパースキン脱毛法は、特別な光が配合されており、脱毛しながら美肌効果も期待が持てるのです。

まとめ

おでこがせまい人が広く見せるためには、さまざまな対処法がありますが、自己処理だと限界があるようです。肌トラブルになる危険性もありますし、毎回自分で処理するのはめんどうです。

そんな時、自然な生え際でおでこが広くなる、顔脱毛を試してみるのいかがでしょうか。

ディオーネの顔脱毛は、脱毛と美肌効果を両方手に入れられるのでおすすめです。