<br />
<b>Notice</b>:  Undefined variable: img_alt in <b>/home/users/0/dankan2015/web/ips2017.org/wp-content/themes/keni80_wp_standard_all_20190730/template-parts/content-post.php</b> on line <b>36</b><br />

「脱毛クリームやワックスで処理をすると肌荒れするから脱毛したい」、「肌荒れしてると脱毛ってできない?」

ここでは、脱毛の肌への影響についてまとめました。敏感肌の人は脱毛をした方がいい理由脱毛によって肌質改善やニキビへの効果があるか肌荒れしやすい人におすすめのサロンなどを紹介します。

脱毛による肌荒れが心配な人は参考にしてみてください。

敏感肌で肌荒れしやすい人は脱毛したほうが安全

自己処理の影響で肌荒れしてる可能性も

サロンやクリニックの脱毛に通っていない場合、ほとんどの人は自分でムダ毛処理をします。しかし、手軽で費用の負担も少ない反面、自己処理には肌トラブルのリスクが高いデメリットがあります。

敏感肌で肌荒れしやすい人は、自己処理の影響で肌荒れしている可能性もあります。自分でムダ毛処理している部位に肌の黒ずみや埋没毛、カミソリ負け、肌荒れ、毛穴の炎症などが見られるなら、自己処理が原因の可能性が高いです。

カミソリ

カミソリでのシェービングは、自己処理の中でももっとも手軽で安上がりな方法なので、普段から行っている人が多い自己処理方法です。

ですが、石鹸やクリームを塗っても、毛と一緒に必要な角質も削り取ってしまうため、角質細胞が傷つき、乾燥や肌荒れを引き起こします。

また、カミソリによる代表的な肌トラブルは、カミソリ負けです。カミソリ負けは、シェービング後のヒリヒリ感や赤み、出血などの症状を指します。カミソリでのシェービングを長期間行うことで色素沈着を起こし、黒ずみの原因にもなります。

毛抜き

カミソリの剃り跡が気になる人に人気の自己処理方法です。時間はかかりますが、毛抜き一つでムダ毛を根元からなくせるので、低コストで仕上がりがキレイです。効果も多少長持ちします。

しかし、毛抜きでムダ毛を抜く方法は、毛穴を傷つけてしまうため、毛嚢炎や埋没毛、毛穴の炎症などの肌トラブルを起こしやすいです。埋没毛を無理に掘り起こすことで、ますます肌を傷めている人も少なくありません。

最初のうちこそキレイに仕上がりますが、毛抜きによる自己処理を続けるほど、肌が汚くなっていきます。

脱毛クリーム(除毛クリーム)

毛を溶かす成分が入ったクリームを塗る方法です。手軽な上に、「肌にやさしい」と謳われる脱毛クリームも市販されています。

しかし、どんなに美容成分が配合されていても、脱毛クリームの主成分は毛のタンパク質を溶かす「チオグリコール酸カルシウム」という刺激の強い成分です。

チオグリコール酸カルシウムは、肌表面のタンパク質も溶かしてしまうため、肌への負担が大きく、肌荒れや敏感肌に傾くといったリスクがあります。「脱毛クリームを使ったらヒリヒリした」という口コミも多いです。特に、皮膚がデリケートで粘膜に近い、顔やVIOへの使用は危険なので絶対に止めましょう。

脱毛ワックス

ワックスが塗られた脱毛専用の粘着テープで、ムダ毛を根元から引き剥がす方法です。一気に広範囲を脱毛できて効果も多少長持ちするので、最近人気が高い自己処理です。

ですが、毛と一緒に肌表面の角質も剥がしてしまうため、肌荒れのリスクが高いです。毛抜き同様に毛穴が傷つくので、毛穴に雑菌が入ったり、毛嚢炎や埋没毛、毛穴の炎症といったトラブルも起こりやすいです。

肌へのやさしさを謳う脱毛ワックスもありますが、脱毛ワックス自体が乱暴な方法なので、少なくともVIOなどの肌がデリケートな部位への使用は控えた方がよいです。VIOに使えるとされる脱毛ワックスも市販されていますが、肌への負担が大きいことには変わりありません。特にIラインは痛みも強いです。

家庭用脱毛器

家庭用の光脱毛器やレーザー脱毛器で脱毛する方法です。一度買えば、自宅でいつでも好きなときに脱毛でき、値段もサロンなどに行くより安いです。特にケノンが売れています。

サロンと同じような脱毛が自分でできますが、照射温度を自分で調整するので、やけどのトラブルも多いです。また、自分では施術しにくい部位もあるため、施術漏れも出やすいです。特に背中などの目視で確認しにくい部位は、照射漏れで毛がまだらに残ってしまうこともあります。

カートリッジが交換式になっていることがほとんどなので、脱毛したい範囲が広い人だと、カートリッジ代もバカにならず、意外にコスパが悪いです。

肌への負担が減ることで肌質改善やニキビ対策に

脱毛によって自己処理の肌ダメージが減ることで、自己処理が原因の肌荒れを改善できます。これまでの定期的な自己処理による負担がなくなるので、肌質自体も丈夫になる可能性があります。したがって、敏感肌で肌荒れしやすい人ほど、肌への負担を減らすためにも脱毛した方がよいです。

また、脱毛をするとニキビ予防にもなります。脱毛してムダ毛がなくなると、毛穴が収縮して汚れが溜まりにくくなり、雑菌も繁殖しなくなります。その結果、ニキビができにくくなって、ニキビの予防に繋がります。

ただし、脱毛期間中は肌の新陳代謝が活発になるため、一時的にニキビができることがあります。

また、サロンやクリニックでは、アトピー肌や敏感肌の人でも肌状態によって脱毛できる場合があります。肌が弱いことが原因で脱毛を諦めている人は、サロンやクリニックに相談してみてください。

脱毛することで肌荒れはしないの?

赤み・痒みが出てくることがある

脱毛すると、施術直後に赤みや痒みが出ることはあります。レーザー脱毛やフラッシュ脱毛は、毛根を焼くことで脱毛するため、毛穴の部分は軽いヤケド状態になります。

脱毛時のヤケドによる炎症が毛穴の外まで広がることで、肌表面が赤くなるのです。特に、日焼けで肌が赤くなる人は、脱毛でも赤みが出やすい傾向があります。また、剛毛なほど赤みが出やすいです。人によっては痒みを伴うこともあります。

だいたいの場合は2~3日すれば治りますが、人によっては赤み・痒みが引くまで1週間以上かかることもあります。しっかり保湿しても赤み・痒みが治らないようなら、冷水や濡れタオルで冷やして、通っているサロン・クリニックに相談しましょう。

ひどい場合にはやけどしてしまう可能性も

昔は脱毛でやけどをする人も多かったですが、最近の脱毛器は肌への安全性が向上しているので、やけどを負うことは滅多にありません。しかし、日焼けしていたり、肌が乾燥している場合は、通常よりもやけどのリスクが高くなります。

脱毛によるやけどのリスクを防ぐには、脱毛期間中は紫外線対策と保湿を万全にし、肌の調子を整えておくことが大切です。

以下の症状が見られる場合は、病院での治療が必要な可能性が高いです。時間を置くと痕になってしまったり、治るのに時間がかかってしまう可能性もあるので、すぐにサロンに報告し、医療機関を受診してください。

  • 脱毛部位全体に、ピンクがかった赤みが出ている。(軽度のやけど)
  • みみず腫れ・蕁麻疹が出ている。(軽度のやけどか、または光アレルギー)
  • 水玉模様のように点々と水ぶくれができ、痛みを伴う。(中度のやけど)

毛嚢炎になる可能性も

脱毛による肌トラブルには、毛嚢炎もあります。毛嚢炎はニキビに似た症状で、痛みや痒みはありません。普段目にするものでは、カミソリ負けのブツブツも毛嚢炎です。

毛嚢炎とは、脱毛の照射で傷ついた毛穴にブドウ球菌などの雑菌が感染することで起こる皮膚病です。毛包の上部だけの浅い位置にできるもので、特に治療しなくても自然に治ります。普段ニキビなどができない人だとビックリするかもしれませんが、脱毛による肌トラブルとしては、比較的よく見られる症状です。

多くの場合は、敏感肌用のボディーソープで洗って肌を清潔にし、しっかり保湿すれば自然に治ります。ですが、痛みや痒み、赤く炎症を伴っている場合は、サロンに相談後、病院を受診しましょう。

毛嚢炎を予防するには、肌をきちんと洗って清潔に保ち、よく保湿することが大切です。

産毛脱毛は増毛化・硬毛化のリスクもある

脱毛することで、逆にムダ毛が増えたり太くなることを、増毛化・硬毛化といいます。背中や顔など、産毛が多い部位で稀に見られるトラブルです。基本的には、脱毛を続けていくことで改善できるトラブルです。しかし、増毛化・硬毛化した分、施術回数が増えるため、費用が多くかかります。

クリニックの場合は、増毛化・硬毛化の場合は無料で追加照射ができる硬毛化保証を設けているところもあります。追加照射では、出力を変えて対応するのが一般的ですが、それでも改善できない場合もあります。出力を変えても変化が見られない場合は、脱毛器を違う機種に変えると改善する可能性があります。

施術直後の肌は乾燥する

脱毛直後の肌は日焼けの後と同じ状態になっているので、普段よりも乾燥しやすくなります。また、脱毛してムダ毛がなくなることで毛穴が縮んで皮脂の分泌量が減って、脱毛前より乾燥肌になりやすいです。

肌が乾燥するとバリア機能が衰え、痒みなどさまざまな肌トラブルの原因になるので、脱毛後はしっかり保湿することが大切です。サロンやクリニックによっては、アフターケア用の保湿クリームなどがもらえるので、そうしたアイテムも利用すると良いです。

脱毛後の肌トラブルへの対処や対策方法は?

脱毛後は体温を上げるような行動は控える

脱毛したときにおこる赤みやかゆみは、体温が上がると悪化してしまいます。また、体温が上がると熱が上手く発散できずに、肌表面にとどまってやけどのような症状が現れる可能性もあります。

施術をした後は、飲酒や入浴、過度な運動は避けてください。どれも体の体温を上げてしまう行為で、赤みやかゆみが悪化する原因になります。脱毛前後は飲酒をしない、施術当日はシャワーで済ませる、脱毛後に運動をするような予定は入れない、というように徹底しましょう。

脱毛が完了すれば、そういった行動に制限はなくなるので、脱毛中だけでも気を付けるようにしてください。赤みが出てしまっていて中々引かないようなら、冷水や濡れタオルで冷やすと良いです。保冷材や氷などは冷たすぎて逆に肌に負担をかけてしまうので、注意しましょう。

脱毛中に一番大切なのは保湿

脱毛中に最も気を付けておきたいのが保湿です。施術後の肌は、皮膚に熱が溜まって乾燥しています。肌が乾燥していると、やけどや毛嚢炎などの肌トラブルが起こりやすくなります。脱毛した部位はいつもよりも保湿を徹底してください。

しっかりと保湿をすると脱毛で毛がなくなった毛穴が引き締まり、肌が綺麗に見える効果や、毛穴に雑菌が入り込まなくなることでのニキビ予防などに繋がります。また、保湿をしていると光が届きやすくなり、脱毛効果もアップします。

美肌効果や脱毛効果を得て、肌トラブルの予防をするには保湿が一番です。施術期間中は肌が敏感になっているので、敏感肌用などの低刺激な化粧水などを使用して、普段よりもしっかりと保湿しましょう。

日焼け対策は万全にしておく

肌が日焼けをしていると、やけどの危険性が高くなります。通常の脱毛は毛に含まれるメラニン色素に反応して、毛根にダメージを与えることで脱毛しています。日焼け肌は、皮膚の表面にもメラニンが溜まっている状態なので、脱毛の光が肌のメラニンにも反応してしまいます。

その結果、光が毛根まで届かず皮膚にとどまって、皮膚に溜まった熱が原因でやけどを引き起こしてしまいます。最悪、日焼けをしていると施術を断られることもあるので、脱毛期間中は日焼け止めクリームなどを活用して、日焼け対策も行うようにしてください。

脱毛前に最適の自己処理方法とおすすめのサロンは?

脱毛の事前処理には電気シェーバーがベスト

自己処理は肌への負担が大きいとはいえ、普段から自己処理をしないわけにはいきませんし、脱毛前には自分でムダ毛の処理をする必要があります。そんなときには、電気シェーバーでムダ毛処理することをおすすめします。

電気シェーバーは肌への負担が少ないため、肌荒れなども起こりにくいです。デメリットと言えば剃った毛がすぐに生えてきてしまうことですが、脱毛前の自己処理なら施術してしばらく経てば毛は自然と抜けるので、何の問題もありません。

実際にサロンでも電気シェーバーでの処理を推薦していて、脱毛前に剃り残しを処理してくれるサロンでは電気シェーバーを使用してシェービングしてくれます。

脱毛後の保湿ケアが充実しているサロン

肌へのリスクが心配な人の脱毛は、エステサロンの光脱毛がおすすめです。しっかりと研修を受けていて、何人ものお客を脱毛しているエステティシャンに施術してもらうことができます。エステティシャンはプロなので、自分で脱毛するよりやけどや肌荒れなどのリスクが少なく安心です。

また、エステサロンの光脱毛はクリニックの医療レーザー脱毛と違って医療機関ではないため、毛根を完全に破壊する行為は認められていません。脱毛器自体も照射の出力がそれほど強くない、安全性が高いものを採用しています。

サロンの光脱毛なら黒ずみなどの心配もないので、自己処理を続けたことによる肌のトラブルなどもなくなり、肌そのものがキレイになります。

ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナム

部分脱毛が特に安いサロンで、肌への負担が少ないS.S.C.脱毛を採用しています。施術後は、プラセンタエキス配合のミルクローションでトリートメントしてくれます。月ごとに脱毛料金が安くなるキャンペーンを展開していて、脱毛初心者でも通いやすいです。店舗数も多く、仕事帰りや出掛け先で脱毛することも可能です。

キレイモ

キレイモ

全身脱毛が安い全身脱毛専門サロンです。決まった回数を施術する回数パックの他に、いつでも止められる月額制も選べます。施術後の肌ケアには、美白保湿ローションかスリムアップローションかを選べます。保湿と同時に、美肌効果や肌の引き締め、サイズダウン効果も期待できます。

銀座カラー

銀座カラー

部分脱毛や全身脱毛でそれぞれに通い放題プランが用意されています。施術後の肌ケアに、オプションでミストマシンによる「美肌潤美」ができます。ひんやりしたミストが脱毛後のほてった肌を鎮めてくれます。ヒアルロン酸・コラーゲン・天然ハーブなどの美容成分が配合されているので、保湿効果も期待できます。

まとめ

敏感肌で悩んでいる人は、自己処理をするよりも脱毛をしてしまった方が肌への負担が少ないです。カミソリはカミソリ負けなどのトラブルがあり、脱毛クリームは肌への負担が大きいです。毛抜きや脱毛ワックスには毛嚢炎や埋没毛、家庭用脱毛器にはやけどのリスクもあります。

脱毛をすることで赤みやかゆみ、やけどや毛嚢炎などの肌トラブルのリスクが全くないとはいいません。産毛の脱毛には硬毛化・増毛化が起こる可能性があり、施術後の肌が乾燥するといったデメリットもあります。

しかし、エステサロンではプロのエステティシャンが施術してくれるため、自分でムダ毛を処理するよりもずっと安全で綺麗に脱毛できます。敏感肌で脱毛に悩んでいる人は、エステでの脱毛をおすすめします。