<br />
<b>Notice</b>:  Undefined variable: img_alt in <b>/home/users/0/dankan2015/web/ips2017.org/wp-content/themes/keni80_wp_standard_all_20190730/template-parts/content-post.php</b> on line <b>36</b><br />

湘南美容外科で脱毛している人の中には、引っ越しや妊娠などでやむを得ず解約しなければならなくなってしまった人もいるでしょう。

この記事では、湘南美容外科の解約方法について知りたい人のために、湘南美容外科の解約手続きや必要な持ち物について紹介しています。解約後再契約は可能なのか、解約の注意点についても紹介しているので参考にしてください。

湘南美容外科の脱毛辞めたい!みんなの解約理由は何?

湘南美容外科の脱毛は痛い!?

解約理由のうち痛みに関するものが多くありました。医療脱毛はサロンでの脱毛よりも強い照射ができる機械を使っているので、早く効果が出るというメリットがある反面、強い痛みを感じる人もいます。湘南美容外科の口コミでは、熱いが痛みはないという人から、部位によっては痛みが強いという人まで様々でした。

「Iラインの施術では我慢ができないので光を弱くしてもらった」「ひざ下の施術では涙が出るほど痛かった」「痛いのでこれから通いつづけられるか不安」「鞭で思いっきり叩かれたレベルで痛い」といった声もありました。毛の濃いところは痛みが強くなるので、脇やVラインなどは比較的痛みを感じやすい傾向にあります。

引っ越しや妊娠が原因で解約

転勤や家庭の事情で引っ越しをすることになって家から遠くなると解約を考える人が多いです。湘南美容外科はそこまで店舗数が多くないため、引っ越しをしてしまうと別店舗が近くにないと通うのが難しくなってしまいます。

妊娠中はホルモンの変化の影響で、照射時に痛みを感じることがあったり、肌トラブルを招いてしまったりすることがあります。

また、多毛症になることもあり、その時期に照射を行っても十分な効果が得られないこともあります。臨月に近づくと同じ体制を取ることが負担になったりつわりで気分が悪くなったりすることもあるため、安全面から妊娠中の照射はできなくなっています。

【改訂版】湘南美容外科の脱毛コース解約方法

違約金はなし、返金は可能!

湘南美容外科ではいつでも自由に中途解約をすることができます。返金保証制度はないですが、残り回数分に応じて返金をしてくれます。無制限コースを選択していて6回以上の施術を受けている場合のみ返金ができないので注意が必要です。

解約の手続きは店舗で!

解約をするにはまず湘南美容外科総合コールセンターに電話をして、解約をしたいことを伝えます。電話の受付は10:00〜23:00まで行っています。電話で日を決めて店舗に行き、解約の手続きを行います。解約理由によっては引き留められることもありますが、強く止められることはないため安心です。

解約に必要な持ち物

契約書、印鑑、返金用の口座、クレジットカード(カード払いをした場合のみ)。印鑑はシャチハタでは行えないため注意してください。

返金額と具体的な計算方法

コース料金➗回数=一回照射分の料金となり、一回照射分の料金✖️残りの回数=返金額です。例えば、パーフェクト全身コース(女性)の6回コースだと、348,000円です。一回照射分の料金は348,000円➗6回=58,000円で、残りが2回あるとすると、58,000円✖️2回=116,000円が返ってきます。

無制限コースで契約している場合は、6回分として計算します。そのため、無制限コースで6回以上照射を受けている人は返金はないので注意が必要です。

返金のタイミング

返金は振り込みになるため、解約の日からだいたい2〜3週間程度かかります。もしそれ以上たっても振り込みがされないようなら電話をして確認してみましょう。

ローンの場合も返金はしてくれます。しかし分割払いの手数料は自分負担になるため注意が必要です。

クーリングオフすることも可能!

医療脱毛クリニックは医療法や医師法に適応しているため以前はクーリングオフ制度はなかったのですが、トラブル相談が相次いだため、クーリングオフが適応になりました。クーリングオフをするには3つの条件を満たしている必要があります。

条件は、契約した金額が5万円以上であること、契約から8日であること、契約期間が1か月以上であることです。契約時に支払いをしてしまった場合でも全額返金してもらうことができます。

本当に解約して大丈夫?解約する場合の注意点は?

すべてのコースで解約は可能?

湘南美容外科では脇や全身コースなどすべてのコースで解約が可能となっています。ただし先の項目でも書いたように、無制限コースで6回以上照射を受けている場合は返金がないので注意してください。途中でムダ毛がなくなったから解約する、といったこともできるので余計にお金をかけることなく利用できます。

解約できない場合もある!?

無制限コースの場合、医師の判断で施術中止にならない限り、何年たっていても照射を受けることができるので解約を止められることがあります。止められるだけで解約ができないというわけではありません。契約時にもらう解約に関する書類等は大切に保管しておき、いつでも出せるようにしておきましょう。

解約後にまた契約することはできない!

湘南美容外科では解約は自由なのですが、同じ部位をもう一度契約することはできなくなっています。例えば脇の脱毛を解約した場合、Vラインの脱毛なら契約できますが、もう一度脇の脱毛を契約することはできません。

さらに、同じ部位である脇が含まれる全身脱毛も契約不可となります。そのため、もう絶対にこの部位は湘南美容外科で契約しないと決めてから解約手続きをするようにしましょう。

痛みが原因の解約を解決できるサロン・クリニック

痛みに関してですが、従来の方法とは違うSHR脱毛を取り入れているところがおすすめです。脱毛方法には大きく分けてIPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛があります。SSC脱毛とIPL脱毛は光を毛根部にある毛乳頭に当てます。

それに対しSHR脱毛は、弱い光を高速で照射して毛包部分に熱を与えます。強い光を一気に照射する方法とは違うので温かさを感じる程度で痛みはほとんどありません。SHR照射を取り入れているサロン・クリニックは、ストラッシュ、椿クリニック、リゼクリニックなどがあります。

SHR脱毛ではないですが、痛みが少ないことで有名なサロン・クリニックは、コロリー、ディオーネ、シースリーなどがあります。SHR脱毛は痛みはほとんどない反面、照射が弱いので効果が薄いという口コミも目立ちます。

これらのサロンも比較して検討してみてください。特にディオーネは、ハイパースキン脱毛という完全無痛の方法を取っているのでおすすめです。

引っ越し・妊娠が原因の解約を解決できるサロン・クリニック

引っ越しや妊娠が原因での解約についてです。脱毛のサロン・クリニックでは、契約した一つの店舗に限らず他の店舗でも施術が受けられるようになっています。そのため、店舗数が多いサロン・クリニックを選択しておくことで、引っ越し後の家からも通いやすくなります。

店舗数が多いサロン・クリニックには、ミュゼプラチナム、キレイモ、TBC、脱毛ラボ、銀座カラーなどがあります。安全面を考慮して、妊娠中の施術は不可としているところばかりなので、妊娠中は休んで出産後に継続できるコースを選択するといいです。

まとめ

湘南美容外科の脱毛はいつでも解約することができ、残りのコース料金がすべて返ってきます。解約はできても返金はされないサロン・クリニックがある中で、かなり良心的な設定になっています。医療脱毛は決して安いものではないため、こういった制度があるのは安心できます。

ただ、湘南美容外科には痛みが強いなどの悪い口コミもあるので、ストラッシュや椿クリニックといった他のサロン・クリニックも視野に入れて検討しましょう。